野地デンタルクリニック|健康な歯を失わないために

院長ブログ
Loading...
歯っぴーブログ
Loading...

健康な歯を失わないために

クリーニング

毎日歯磨きをしているのにどうして虫歯になるんだろう?
という方は結構多いのではないでしょうか?
毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。
この部分のお掃除を徹底的に行いのがPMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング )です。
歯と歯の間、歯と歯肉の境目などは専門的なクリーニング(PMTC)でしかしっかりと汚れを取り除く事が難しいでしょう。
『清潔な口腔内』で『美しい歯』を保つためには定期的な歯のクリーニング(PMTC)とホームケア(普段の歯磨き)が大切です。

クリーニング(PMTC)の効果

美しい歯
歯の表面の汚れをとりきれいに磨きます。
また、歯の表面へのフッ素塗布により、汚れをつきにくくします。
多少の汚れやざらつきなどはツルツル、ピカピカに磨きあげられます。
※さらなる白い歯を求める方にはホワイトニングのご案内もしております。

予防
歯肉の腫れがおさまり、歯肉が引き締まってきますので歯周病、歯肉炎の予防効果があります。
歯磨きでは落とせない虫歯の元になる細菌の塊を磨き落としますので定期的なクリーニングは虫歯予防に最適です。
口臭の原因の一つである細菌をきれいに取り除くので口臭予防にも効果があります。

クリーニングの流れ

  • まずは歯石を除去してから本格的なクリーニングは始まります。
  • 専門的な様々な器具(チップ、ブラシ、カップなど)を使って歯の表面を丁寧にクリーニングしていきます。

カップ
歯の表面に押し当て、カップのはしが歯と歯肉の境目にあたるような状態で研磨します。
ゆっくり動かすので気持ちが良いです。

 

ポイント
かぶせ物(冠)と歯肉との境目一番奥の歯などに使用します。

 

ブラシ
噛み合わせ面の歯の溝の部分の清掃に使用します。
最後に洗浄して歯の表面にフッ素を塗ります。

PMTC

プロフェッショナル ティースクリーニング(Professional Teeth Cleaning)

虫歯・歯槽膿漏を未然に防ぐ効果的な方法です。
毎日、歯を一生懸命磨いているのに、どうして虫歯や歯槽膿漏になってしまうの?』と思っていませんか? それは、歯の表面についているプラークが完全に除去できないことから起こるのです。
24時間以内に歯に付着しているプラークを完全に除去すれば、虫歯や歯槽膿漏になることはありません。
ご自分で磨いているつもりでも、磨けていないのが虫歯や歯槽膿漏になる原因です。
うまくプラークが取れない方は歯科医院のPMTCを受けてください。
歯肉に炎症がある人や歯槽膿漏に方は、特にこの方法が効果的です。

クリーニング(PMTC)Q&A

PMTCって痛みはないですか?何分くらいかかりますか?
柔らかいゴムでできたカップなどを歯にあて、回転させることにより汚れを取り除きますので、痛みを伴うことはありません。
お口の中の状態にもよりますが、おおむね30分~1時間程度かかります。
むし歯予防にも効果はありますか?
新しいむし歯の発生を抑えることができます。
また、PMTC を定期的に受け続けた人とそうでない人では6年間で1.4mmの歯肉の変化がみられます。
歯周病の進行を食い止める効果があります。
P.M.T.C.を受ければ歯みがきはしなくていい?
いいえ。
毎日の歯みがきは絶対必要です。
歯の健康はPMTCとセルフケアとの両立で維持することができるのです。
どれくらいの間隔で行うの?
人によって歯や歯ぐきの強さ、細菌の状態、着色の程度などが異なるのでさまざまですが、一般的には3~6ヶ月に1度の割合で行います。
子どもにも必要ですか?
子供でも行ったほうがもちろん効果があります。
いくつでも早すぎる、遅すぎるということはありません。
いつから始めても一定の予防効果が期待できます。

クリーニングのご相談はこちら
クリーニングのご予約はこちら
このページの先頭へ

予防歯科

これまで歯医者さんへ行くのは「歯が痛くなった時」または「虫歯の治療するために」という考え方ではありませんでしたか? もちろん、治療医療は必要不可欠ですが治療医療のみだけ進んでしまうと、結果的に虫歯や歯周病が増え続けてしまうのが現実なのです。
虫歯や歯周病にならないために日頃から歯医者さんで管理、指導する新しい歯科医療それが予防歯科医療です。

このページの先頭へ

虫歯予防

もちろん虫歯の予防においても歯磨きは重要です。

しかし残念ながら歯磨きだけでは、むし歯は防げません。
虫歯予防のための一番は食生活の改善です。
食生活の改善とは、甘いものはなるべく摂らないようにして、たとえ食べるとしてもだらだら食べないようにすることです。
CMなどでおなじみのキシリトールガムですが、純粋なキシリトールは虫歯予防の効果があります。
しかし100%のガムは市販されていないのですがもちろん市販のタイプでも歯垢の形成抑制の効果はあると言われています。
ただし市販のものの場合歯磨き後にガムをかむのはやめましょう。
また口腔内が乾燥しやすい方には、噛むことにより唾液の分泌を促し虫歯の細菌が出す酸を薄めて緩衝させる時間を早めるので是非利用してください。

歯の質の問題ですが、フッ素を塗布する方法があります。

フッ素の歯質に対する効果はエナメル質はもちろん象牙質に対する効果も若干ながら期待できるので例え大人でも利用したほうがよいでしょう。
軽いの虫歯では再石灰化を促す効果も期待出来ます。

プラークコントロールについて

プラークコントロールについてですが、基本的には歯周病に対する考えと変わりはありません。
歯周病に限定して歯磨きの仕方を考えた場合は、寝る前にしっかり歯垢を落とす事が出来れば問題はありませんが、虫歯予防を目的に歯磨きを行うのであればそれだけでは足りません。
歯周病については極端な話、歯と歯茎の間を狙って磨けばいいのですが、虫歯予防の歯磨きについては、虫歯になり易い歯と歯の間は歯ブラシでは絶対に磨く事が出来ないのでデンタルフロスの使用が必要になります。
と言っても毎回デンタルフロスの使用はかなりの負担になる可能性がありますので極論ですが、歯磨きは歯周病予防のために歯と歯茎の 境目に焦点を置いて行い、虫歯予防に関しては食生活を改善した方が日常生活の負担にならないのかもしれません。

このページの先頭へ

口臭

自分や他人の口臭が気になったことはありませんか? 誰もが気になる口臭。
爽やかな息になりたいと、いろいろ努力している人もいるでしょうが、そのやりかたは、本当に正しいのでしょうか? 間違ったやり方は、口臭をひどくするだけです。
正しいケアの仕方を知っておきましよう。

口臭の原因

口臭の主な成分は、揮発性硫黄化合物(VSC)で、メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどがあげられます。
ちなみに、人が悪臭と感じる臭いは、スカトール(尿のにおい。
アンモニア、アミン類などの窒素化合物)イソ吉草酸(靴下のムレたようなにおいや、油の腐ったような臭い)メチルシクトペンテノロン(砂糖が焦げたようなにおいや、卵が腐ったような臭い)があります。
口臭の原因となる揮発性硫黄化合物は、メチルシクトペンテノロンに含まれます。

口の中の病気が原因のケース

1. 歯周病
歯周病により、歯肉から血や膿が出ているときは、強烈な口臭の元になります。
特に、歯周病進行度が歯周ポケット(歯と歯茎の間の深さ)で4mm以上になると、他人が必ずといって良いほど口臭を感じるようになります。

2. 虫歯
一本くらいの虫歯が口臭の原因になることは少ないですが、虫歯の穴につまった食べカスは腐敗してニオイを出します。

3. 舌苔(舌の上についてる白い苔)
舌苔が過剰に付着すると口臭の原因になります。
舌苔がいつも過剰に付着するのは、胃腸などのトラブルを疑ってみる必要があります。

4. 唾液の異常
唾液には、細菌を殺菌したり、洗い流す効果がありますが、口の中の粘膜が炎症していたりすると唾液の力が正常に働きません。
また、最近話題になっている「ドライマウス」は口の中が乾燥して、唾液の力が働かず口臭の原因になります。
ドライマウスは、口呼吸、基礎疾患、代謝異常、ビタミン不足、長期にわたる薬物の利用によって起こります。

全身疾患が原因のケース

臓器が悪くて起こる口臭は、臓器から排出された代謝産物が血液中に溶け込み、呼吸によって排出されることによって起こります。
このほか、高熱が出たとき、鼻炎にかかったときなど、口で息をするために唾液が渇いてしまい、一時的に口臭がきつくなることがあります。
その他、慢性胃炎や胃のただれ(臭いゲップが出ることが多い)、気管支カタルなど呼吸器系の病気、蓄膿症、慢性扁桃炎、アデノイドなど耳鼻咽喉科系の病気(口だけでなく、鼻からの息も臭う)、糖尿病(甘酸っぱい臭い)、肝臓病、腎不全、白血病、癌なども口臭を伴うことがある病気です。

1. 虫歯や歯周病を治療する。
歯周病の治療は、口臭予防に効果的です。
口臭の50~60%は、歯周病が原因であると言われています。

2. 毎日のお口のお手入れ。
歯磨きや、舌磨きをする。
舌苔の除去は口臭治療に効果的です。

3. 洗口剤の利用も効果がある。
洗口剤自体の消臭効果は微弱ですが、歯の汚れが抑制されるので、結果として、口臭予防になります。

4. 一人で思い悩まず、歯科医院に相談してみる。
虫歯や歯周病、口腔粘膜の異常が見つかることもあります。

このページの先頭へ

メンテナンスの症例

前段まででご紹介したように、歯磨き、クリーニングなど歯のお手入れは非常に重要です。
ここでは、定期的にきちんとメンテナンスを行った結果、特別な外料治療や矯正治療を行わなくても症状が改善した例をご紹介します。

歯肉が回復した例

3年前
メンテナンスの症例 メンテナンスの症例
術後
メンテナンスの症例 メンテナンスの症例

こちらの患者様は来院された時歯肉が落ち込んでしまっていました。
当院で定期的なクリーニングと歯ブラシ指導などお手入れのトレーニングを行った結果、特別な外科治療をせずに歯肉が悪くなっていたものが回復し、大変良い状態になりました。

前歯が閉じた例

術前
メンテナンスの症例 メンテナンスの症例
10年後
メンテナンスの症例 メンテナンスの症例

こちらの患者様は来院された時前歯の中央が開いていました。
当院で行ったのは通常の歯周治療とメンテナンス、お手入れのトレーニングのみで、特別な矯正治療も何もしていませんが、お口の中全体が健康になった結果、前歯も閉じて隙間が無くなりました。

このページの先頭へ